医療脱毛なら難波でカウンセリング【スタッフが親身】

脱毛前に注意することは

申込は電話かメールで

女の人

難波で医療脱毛を受ける場合は、まず脱毛を行っているクリニックに申し込む必要があります。
2回目以降の予約はウェブから行えるクリニックが多いですが、初回は必ず電話かメールで申し込みます。
メールの場合も必ずクリニックから折り返し電話があるので注意しましょう。
難波のクリニックでは、基本的に初回はカウンセリングのみということが多いです。
医療脱毛を行う前には患者さん一人一人の肌や体の状態もチェックする必要があります。
これは脱毛という医療行為を行ううえでは欠かせないことです。
また、カウンセリングは患者さんのほうからも相談や質問をする大切な機会。
クリニックとの相性もここで見極めることができるのでとても重要です。
カウンセリングが終わったら、難波のクリニックでは次回の予約をして帰ることがほとんどです。
次回はいよいよ施術となりますが、その前にいくつか注意事項があります。
医療脱毛を受ける前の準備として、難波では照射する部位の毛を剃っておくことを求めるクリニックが多いです。
剃っておかないとやけどをしてしまう怖れがあるためですが、その際毛抜きで根元から抜いてしまうことのないよう注意が必要です。
医療脱毛は、レーザーが毛の黒い色素に吸収される性質を利用しているもの。
そのため、黒いメラニン色素を含んだ毛の根元を残しておく必要があるのです。
逆に肌に黒い色素があるとレーザーがそれにも反応してしまい、肌トラブルを起こすことがあるので日焼けは厳禁です。

肌を傷めず施術

女性

難波では多くの脱毛サロンや脱毛を提供しているクリニックがありますが、いざ選ぶとなると医療脱毛が良いのか、エステ脱毛が良いのかと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
できるだけ早く効果を出したい、永久脱毛の効果を期待したいのであればエステ脱毛よりも医療脱毛を選ぶことがおすすめです。
医療脱毛は針脱毛、レーザー脱毛がありますが、現在難波でも主流となっているのがレーザー脱毛で、広範囲も短時間に処理できるのが魅力です。
エステサロンよりも高出力のレーザーを利用できますので、より早く効果を得ることができますし、太い毛から細い産毛まで幅広く対応することもできます。
効果が高い分、痛みが強いのではないか、肌に負担がかかるのではと心配になる人もいるかもしれませんが、レーザーはメラニンと呼ばれる黒い色素に反応しますので肌を痛めることなく、しっかりと毛根を破壊していくことができます。
脱毛では時には肌トラブルが起こることもありますが、エステサロンとは違い、医療機関での施術ですので、肌トラブルが起きたときにもすぐに対処してもらえるのも安心感があります。
難波で医療脱毛が行える医療機関は美容外科や美容皮膚科、脱毛専門のクリニックなどがあげられますので、まずは通いやすい医療機関を見つけておきましょう。
さらに医療脱毛で利用される機器も医療機関ごとに違いがありますので、難波で施術を受ける際もどのようなマシンが導入されているかはよく確認しておきたいところです。

回数が少ないので案外お得

脚

脱毛を提供する美容クリニックは難波にも数多くありますが、基本的に医療脱毛は健康保険が使えない自由診療のため、エステサロンより高い相場となっています。
ですが、クリニックなら毛乳頭を確実に熱破壊できるまでレーザー出力を高められますので、的確な脱毛が行えることから、難波でも医療脱毛が評判になっているのです。
また、医療行為として認められている医療脱毛なら、施術を多く受ける必要がなく、その点も難波で人気になっています。
費用に関してですが、両ワキ脱毛の場合、難波エリアでは1回あたり3千円台で医療脱毛を受けられる場合が多く、概ね5回や6回で完了するのが一般的です。
中には1回あたりの料金を比較的高く設定しているクリニックも見られますが、規定回数のセットプランで申し込んだ場合には、割引価格のリーズナブルな料金で提供している所もあります。
何れに致しましても、脱毛を終えるまでの施術回数が少なくて済みますので、トータル費用ではクリニックの方がお得になるケースもあり、その点も評価されているのです。
規定回数が終了した後も、状況に応じて引き続き医療脱毛を受けられますが、その場合は各クリニックとも、1回あたりの施術料金が安くなる場合が多くなっています。
また、難波にある殆どの脱毛クリニックはカウンセリングが無料ですから、医療脱毛の申込先を選ぶ場合は、いろいろなクリニックでカウンセリングを受け、安心して頼める所に決めましょう。